不動産売却理由

不動産売却は、何回も経験することではないので、安心して取引をしたいですよね。そのためには、不動産売却の知識が必要ですので、知っておきたいことをまとめました。まず、不動産売却にあたり、売却する理由があるはずですから、その理由を明確にしましょう。例えば、子どもが成長していくので、広い家に住み替えをしたいという理由や、定年退職をしたので、それを機にUターンをしたいなどの理由が大事になります。その理由がしっかり整理できたら、それに伴い住み替える時期をいつにするのか、現在手元にはどのくらいの資金があるのかという経済状況などもしっかり把握しておきましょう。

こうしたことを整理しておかないと、売却価格や新居をどうするかなどのイメージがつきにくくなりますので、理由と現在の状況をしっかり把握し、住み替えのイメージを固めていきましょう。そして、不動産売却を先にするのか、それとも新居の購入を先にするのかといったことも考えましょう。転勤や転校などの理由で住み替え時期がしっかり決まっている場合は、購入時期を重視し、不動産売却による収入を考えるため、住み替えの予算に制限がある場合は、売却価格を重視して検討します。そのため、売却が先行か、購入が先行か、はたまたある程度同時進行をするのかというのは、十分に考える必要があります。

売却と購入を同時進行する場合は、現在の住まいの買主と新居の売主と価格や時期などでそれぞれに配慮しながら交渉を進めますので、非常に難しい交渉になるでしょう。売却を先に検討する場合は、売却後に住む家について考えなくてはなりません。購入を先にする場合は、思ったよりローンが残ってしまったなど資金面でのリスクがありますので気をつけるようにしましょう。